保守・点検サービス

※点検内容(年1回、2回など)、ポンプの種類(汎用ポンプ、自動給水、ユニット、消火ポンプなど)、台数により契約金額が異なります。

  • 川本ポンプ各営業所
  • 川本サービス株式会社

技術者がポンプを健康診断

的確な点検で信頼性向上

ページトップへ

自動給水装置

ポンプ・モーター、制御盤、圧力タンク等の点検。運転状態の点検を行います。

取替周期  水質、使用状況・頻度により異なりますが、取替周期の目安は下表によります。
分類部品名取替の判断基準取替周期の目安
全体ユニット全体ユニット全体を取替(更新)10年
オーバーホール分解・点検・整備4~7年
ポンプ軸受軸受が加熱したり、異音が発生したら取替3年
メカニカルシール目視できるほど漏洩する場合は取替1年
グランドパッキン増し締めしても著しく水漏れするときは取替1年
制御盤プリント基板各運転の動作が不確実の場合は取替5年
冷却ファン異音が発生したり、ファンが回らない場合は取替3年
平滑コンデンサー5年に1度、取替5年
リレー・タイマー誤動作したり接点の荒損がひどい場合は取替3年
電磁開閉器誤動作したり接点の荒損がひどい場合は取替3年
機器類圧力センサー圧力設定値に誤差が生じた場合は調整、設定が不確実の場合は取替5年
圧力スイッチ圧力設定値に誤差が生じた場合は調整、設定が不確実の場合は取替3年
圧力タンク(隔膜式)ポンプの停止時間が極端に短くなったら取替3年
圧力計、連成計圧力を抜いて指針が「0」を示さなければ取替3年
逆止弁弁の動作に生じたら取替5年
フート弁弁の動作に不具合が生じたら取替2年

※BL認定品「保守管理について」(社)リビングアメニティ協会給水システム委員会/(財)ベターリビング発行より引用。
※「直結給水ブースタポンプ」の場合は、年1回以上の定期点検が義務付けられています。
※料金等詳細につきましては、お近くの川本ポンプ営業所、もしくは川本サービスまでお問合せください。


ページトップへ

汎用ポンプ

ポンプ・モーターの運転状態の点検等を行います。

取替周期  水質、使用状況・頻度により異なりますが、取替周期の目安は下表によります。
部品名取替の判断基準取替周期の目安
ユニット全体ユニット全体を取替(更新)10年
軸受軸受が加熱したり、異音が発生したら取替3年
メカニカルシール目視できるほど漏洩する場合は取替2年
グランドパッキン増し締めしても著しく水漏れするときは取替2年

※本表は取替周期の目安です。ポンプの種類により異なる場合がありますので、具体的には別途打ち合わせさせていただきます。 ※水中ポンプの槽内点検は別途打ち合わせさせていただきます。 ※消火ポンプの点検は法廷点検ではありません。
※取替に伴う工事費用等は別途お見積もりいたします。
※定期点検料金等詳細につきましては、お近くの川本ポンプ営業所、もしくは川本サービスまでお問合せください。


ページトップへ

水処理機器

弊社アクアシリーズ水処理機器のろ過材、薬液、フィルタ等の点検を行います。

初期調整と日常点検・定期点検
当社の除鉄槽、除鉄、除マンガン槽は井戸水等に含まれる鉄または、マンガンのみを除去するもので、水質を飲用可能にする機器ではありません。
飲用にご使用される場合は、最寄りの保健所等にご相談いただき、その指導に従ってください。
設置時の初期設定、日常点検、定期点検(残留塩素濃度測定等)、および保守管理(ろ過材・フィルタ交換等)を必ず行ってください。適切な点検管理を怠ると、処理水が水質基準を満足しない恐れがあります。


除鉄槽・除鉄除マンガン槽
分類部品名取替の判断基準取替周期の目安
全体槽全体槽全体を交換
井戸水の鉄分、マンガン濃度の違い、使用水量の違いにより交換周期が異なる
5~10年
オーバーホール分解・点検・整備2~5年
槽本体/槽内部品ろ過材※処理水の鉄分、マンガン濃度が上昇傾向の場合交換
井戸水の鉄分、マンガン濃度の違い、使用水量の違いにより交換周期が異なる
半年~2年
フィルタろ過材交換時に同時交換半年~2年
パッキン類漏水発生時、分解時に交換2年
制御盤リレー・タイマー誤動作したり接点の磨耗がひどい場合は交換3年
プリント基板各運転の動作が不確実な場合は交換3年
機器類ボール弁弁の動作に不具合が生じたら交換
井戸水の鉄分、マンガン濃度の違い、使用水量の違いにより交換周期が異なる
1~2年
圧力計圧力を抜いて指針が「0」を示さなければ交換1~2年

※交換不要となったろ過材は、地方自治体の指導に従い適切な処置が必要です。


ページトップへ

取替周期  水質、使用状況・頻度により異なりますが、取替周期の目安は下表によります。
分類部品名取替の判断基準取替周期の目安
全体槽全体槽全体を交換5~10年
オーバーホール分解・点検2~5年
ポンプ電動機ダイヤフラムモータブラケット下部の穴から液漏れが発生したら交換1~2年
電動機動作が不確実の場合は交換5年
制御盤リレー、タイマー誤動作したり接点の磨耗がひどい場合は交換3年
プリント基板各運転の動作が不確実な場合は交換3年
機器類ニップル薬液注入不良、漏洩発生時に交換2年
パッキン類薬液注入不良、漏洩発生時に交換/td>2年
弁体(Oリング)エアーの吸込み、漏洩発生時に交換2年
チューブ亀裂、漏洩発生時に交換2年
流量センサー動作が不確実の場合は交換3年

※料金等詳細につきましては、お近くの川本ポンプ営業所、もしくは川本サービスまでお問合せください。



ページトップへ